イベントレポート

「Feel the Communication in Ginza -
心までつたえる、先進コミュニケーション技術」

東京藝術大学 × 三菱電機 オープンイノベーション アニメーションによる先進コミュニケーション

開催日:2017年9月16日(土)〜 10月6日(金)

アニメーションによる先進コミュニケーション

「オープンイノベーション」という言葉をご存知ですか? これは、企業の研究開発に外部のアイディアを取り入れて革新的な技術や価値を創り出すという試みです。三菱電機においても積極的に取り組んでおり、実は「Feel the Communication in Ginza」に展示されていた「EMIRAI xDAS」と「アニメーションライティング誘導システム」でも行っています。ここでは、新しい芸術表現を教育・研究する東京藝術大学大学院映像研究科との共同研究から生まれた、新しいアニメーション表現による先進コミュニケーションの世界をレポートします。

「路面ライティング」で楽しむ多彩なアニメーション

「Feel the Communication in Ginza」の開催期間中、METoA3 3Fに展示されていたコンセプトカー「EMIRAI3 xDAS」。このクルマに搭載されたさまざまな運転支援技術のなかでも、ひときわ注目を集めていたのが、「路面ライティング」です。これは、クルマの動きやドライバーの意思をアニメーションで路面に投影する、未来のコミュニケーション技術。東京藝術大学大学院映像研究科との共同研究では、「車から人へのおもてなし」と「安全安心に配慮したコンテンツの開発」をテーマに、デザインの研究・開発を進めています。

今回のイベントでは、その研究過程で生み出された多彩なアイディアを特別に公開しました。床に投影されているアイコンを踏むと、それぞれのテーマに応じたコンテンツがスタートするという仕掛けで、「路面ライティング」による様々なアニメーション表現をお楽しみいただきました。

たとえば、人型のアイコンの上に立つと、コンシェルジュがドライバーをもてなし、クルマの乗り降りをサポート。ハムスターのアイコンを踏めば、“ハムちゃん”が興味津々な子どもたちを安全に誘導してくれます。他にも、ハンドサインでクルマの動きを伝えたり、天気や四季を美しいアニメーションでお知らせするなど、盛りだくさんのコンテンツをご用意。なかでも特に人気が高かったのが、マンガのフキダシや擬音、コマ表現を使った「路面ライティング」です。クルマの走行状態に応じて「ブロロロ…」「ギュ〜ン」「キィィィッ」などの描き文字が集中線とともに表現されます。アニメーションに合わせた効果音も流れ、臨場感もたっぷりです。外国のお客様も「Cool!」「Amazing!」と喜んでおられ、言葉の壁を越えるアニメーション表現の豊かさや、「路面ライティング」の可能性を実感できる展示となりました。

エレベーターの待ち時間が楽しくなる誘導システム

アニメーション表現は、2Fエレベーターの「アニメーションライティング誘導システム」にも使われています。これは、光のアニメーションでスムーズな館内の誘導やエレベーターの利用状況をご案内する、三菱電機の独自技術。東京藝術大学大学院映像研究科との共同研究では、「エレベーターの運行状況を、より直感的に伝える表現」と「エレベーター待ち時間のストレス低減」をテーマに、新たなコミュニケーション手法をアニメーション表現で探る研究を行っています。自由な発想から生まれたアニメーション作品は、アートとしても楽しめるユニークなものばかり。今回のイベントではその一端を、実際のエレベーターを使ってご紹介しました。

イベント開催期間中は、2Fエレベーターの扉と床面をスクリーンに見立て、光のアニメーションを常時上映。沖縄のゆったりとした時間「うちなーたいむ」を表現した海のアニメーションや、エレベーターの扉と動きに着想を得た「動く“襖絵”」、扉をキャンバスにマンガのコマ割りやストーリーを展開する作品など、時間ごとに個性豊かなコンテンツが現れる趣向です。エレベーターの待ち時間をエンターテイメントに変える新しい試みに、来館者のみなさまも興味津々のご様子。ふと足を止めて見入られる方や、作品の印象を語り合うご夫婦もいらしたりと、お客様同士のコミュニケーションを促すお手伝いもできたようです。

コラボレーションによる出会いが技術に新しい発見をもたらす

東京藝術大学大学院映像研究科とコラボレーションした今回の展示では、いつもの三菱電機とは違う一面をご覧いただけたかと思います。独創的なキャラクターやマンガ、アニメーションなどを駆使したコミュニケーション手法は、三菱電機だけでは実現しなかった表現。これも「出会い」によって生まれた、新しい「発見」です。

三菱電機は、これからもオープンイノベーションによりさらなる技術革新を目指していきます。METoA Ginzaでは、その最先端の技術をご紹介するとともに、みなさまに楽しい「出会い」と「発見」をお届けしてまいります。