Water Journey in Ginza
イベントは終了しました

メインイベント

Water Journey in Ginza水の循環でつながる世界

開催期間:2018年10月3日(水)〜 2018年12月12日(水)

開館時間:11:00 〜 21:00  入場無料

日本は水に恵まれた国だと思いますか?
実は、水資源となる日本の降水量は、世界平均の約1.6倍ですが、人口ひとりあたりに換算すると、約4分の1です。それでも普段、私たちが何不自由なく豊かに水を使えているのは、長年にわたる開発や整備、さまざまな技術によって、限りある水資源を循環させているから。
三菱電機は、水をキレイにするテクノロジーや水を再利用してムダにしない取り組みで、「水の循環」を支えています。

地球の多くの生きものにとって大切な水。人、自然、社会を潤す水が、絶え間なく循環し続けるために。METoA Ginzaでいっしょに「水の循環」にふれてみませんか。

国土交通省「平成30年版 日本の水資源の現況」より

パソコンやスマートフォンで
Water Journey in Ginzaを
体験してみよう!

バーチャルMEToAを体験する

1F | METoA 1

Water Circulation水を使って表現する
「水の循環」のシンボル展示。

Water Circulation

流れ落ちる水が、上がったり、止まって見える、不思議なオブジェをお楽しみください。

METoA Cafe & Kitchenスイーツでもあり、カクテルにもなるスパークリングゼリー。

Shop今回のイベントテーマである「水循環社会」と「生物多様性保全」を感じていただけるアイテムをご用意しました。

2F | METoA 2

マナティーと光のアクアリウム癒しの水空間で、マナティーとふれ合おう。

マナティーと光のアクアリウム

さぁ、エサをあげたり、水をキレイにしたり、マナティーと楽しもう!
METoA Ginzaに、アフリカ大陸西部の川や湖に生息しているマナティーが出現!64面ディスプレイと床面のプロジェクションをフルに使った水中空間に、自由気ままに泳ぐマナティーたちと一緒にいるよう。時間によって変化する光が、さらに水中演出に臨場感を与えます。あげるエサによって反応が違うマナティーを観察したり。鳥羽水族館にも設置されているオゾナイザーをイメージしたアニメーションで、汚れた水をキレイにしたり。人懐っこいマナティーたちと心ゆくまでふれ合ってください。

水底が投影された床に、波紋が広がります。

ジェスチャーでオゾナイザーを起動させ、水をキレイに。

監修:鳥羽水族館

飼育種類数約1,200と日本一を誇る、三重県鳥羽市にある鳥羽水族館。2018年に開館63年目を迎えました。アフリカマナティーをはじめ、日本で唯一飼育する人魚伝説のモデル「ジュゴン」や、今まで見たことのない「へんな?生きもの」など、数多くの珍しい生きものたちに出会えます。

「マナティーと光のアクアリウム」
限定コースターを配布中

オモテ
マナティーと光のアクアリウム限定コースター オモテ
ウラ
マナティーと光のアクアリウム限定コースター ウラ

「マナティーと光のアクアリウム」
限定コースターを配布中

イベント期間中、かわいいマナティーのイラストが描かれた限定コースターを配布しています。イラストは全部で4種類。どの種類がもらえるかはお楽しみ。 コースターの裏面には、マナティーたちと楽しくふれ合うための「大事なアクション」を解説しています。コースターをもらって、癒しの水空間でマナティーたちと楽しもう。

3F | METoA 3

ウォーターストーリー水の旅を見てみよう。

ウォーターストーリー

循環の旅を続ける水の様子を紹介。
雨になり、川となり、暮らしの中に入り、海にかえり、雲になり、再び雨に。水は絶えず姿を変えながら私たちの毎日や自然、生きものたちを潤しています。そんな水の循環を支えているのが三菱電機のテクノロジー。水道の水をおいしくし、下水の再利用に貢献する「オゾナイザー」。工場で洗剤を使わずに油汚れを取り除く「マイクロバブル」。水の循環を見守る「監視制御システム」など。METoA Ginzaでは、普段なかなか目にすることのないこれらの技術や取り組みをご紹介します。雷鳴や雨音につられてモニターに近づくと映像がスタート・・・水流のように連なるLEDをたどりながら水の循環をテーマにしたアニメーションをご覧いただけます。旅する水になった気分でお楽しみください。

海外でも貢献する、三菱電機の水処理技術。

中国

深刻化する水質汚染の改善に貢献。
水質汚染と水資源の不足が深刻化した中国などでは、日本よりも厳しい規制のもとで水の有効活用と水環境保全への取り組みが行われています。三菱電機は、北京市などを中心とした浄水場や下水処理場にオゾナイザーを納入し、生活用水の改善と汚水の再利用に貢献。また、三菱電機の工場においても、独自に開発した「水資源リサイクルシステム」を導入。工場全体で使用する水および排水を大幅に削減しました。

シンガポール

一滴の雨水を無駄にしない、水リサイクルへ。
国土が狭く平坦なシンガポールでは、保水能力が乏しいため、水供給の多くを輸入に頼っています。政府は、水問題の解決を国の重要課題として位置づけ、水の完全自給に向けたさまざまな取り組みを強化。三菱電機は、おいしい水が飲めるようにとオゾナイザーを納入し、さらに下水や工業排水を処理・再生するためのろ過膜をオゾン水で洗浄する「EcoMBR」の実証実験も開始。大幅な処理能力の向上に貢献しています。

EcoMBR:Eco Membrane BioReactor

CDP Aリスト
国際NGOのCDPから「ウォーター」の分野で
2年連続最高評価ランクの「Aリスト」を獲得

オゾンクリアチャレンジ空気をおくって、
オゾンで水をキレイにしよう!

オゾン クリア チャレンジ

より安全で、より水をキレイにするオゾナイザー。
オゾンの力で水をおいしくしたり、下水をよりキレイに再生する三菱電機のオゾン発生装置「オゾナイザー」。国内の浄水場・下水処理場では、現在トップシェアの実績を持つとともに、長年の研究開発により省エネ・省スペースの高濃度オゾナイザーを製造しています。METoA Ginzaでは、ポンプで空気をおくってオゾンを発生させるオゾナイザーの疑似体験コーナーを展示。水が徐々に浄化しキレイになると、気持ちよさそうに泳ぐ魚の姿が現れます。ぜひ体験してください。


オゾン発生装置「オゾナイザー」

オゾン発生装置「オゾナイザー」

三菱電機のオゾン発生装置「オゾナイザー」は、塩素に勝るオゾンの強力な殺菌力、酸化力による脱臭・脱色効果を活用して、水を浄化させる装置です。また、オゾンは分解されて酸素に戻る為、環境に悪影響を与えません。

マイクロバブルシューティング100μm以下の泡で、汚れを狙い撃ち!

マイクロバブルシューティング

洗剤を使わずに油汚れを取り除くマイクロバブル。
マイクロバブルは、直径約0.1mm以下の微細な泡が水中をゆっくり漂いながら浮上し、油汚れや微小なゴミに吸着します。その特性に着目した三菱電機は、自社工場の一部などの洗浄工程に採用。洗剤を使わないため、洗浄水を再利用して節水もできるようになりました。また、家庭用ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」の配管洗浄などへの応用で、排水の環境負荷軽減にも貢献しています。METoA Ginzaでは、このマイクロバブルをシューティングゲームで、画面の中にある対象物の汚れに狙い撃ちして遊べます。さあ、どれだけの汚れを取り除けるか!?お楽しみください。

工場での洗浄工程 (左)マイクロバブルで洗浄中 (右)洗浄完了


ヒートポンプ式給湯器「三菱エコキュート」

ヒートポンプ式給湯器「三菱エコキュート」

SEEK“AR” in Ginza(シーカーインギンザ)身近にいる生きものを探してみよう。

シーカー イン ギンザ

タップすると、生きものの名前が表示されます。

自然との共生を目指して「生きもの調査」からスタート!
三菱電機は、事業活動による生態系への影響を低減し、自然と共生する、持続可能な社会へ貢献するため「生物多様性保全」に取り組んでいます。その一環として、各事業所で「生きもの調査」を行い、地域固有種の保全や外来種の管理、生態系を考慮した緑地整備など、生物多様性保全に向けた活動をしています。METoA Ginzaでは、銀座界隈に生息する生きもの調査をARで擬似体験。タブレットをかざすと、街並が出現し、都市の中で暮らす鳥や昆虫などを探せます。あなたも、身近にいる生きものを見つけてみませんか。

制作協力:東京都公園協会 日比谷公園サービスセンター

全国に広がる生物多様性への取り組み。

case1

ニホンウナギも生息する、豊かな水路環境を保全。
パワーデバイス製作所(福岡県)

最先端の「パワー半導体」の開発・製造拠点、パワーデバイス製作所。敷地内には、事業所開設当初からある小川を水路として活用しています。生きもの調査の結果、絶滅危惧種のニホンウナギをはじめ、多様な生態系が保たれていることがわかりました。この貴重な生態系を守るため、水路沿いの植栽を見直すなど、環境保全に向けた更なる取り組みをしています。

case2

生きものが集まるビオトーブを造成。
受配電システム製作所(香川県)

電力の安定供給を支える製品群の製造拠点となる、受配電システム製作所。瀬戸内海に面した埋立地にある自然豊かな周辺環境を保つため、生きもの調査を実施しビオトーブを造成。野鳥や昆虫類の休息・採餌の場として、新たな生きものも集まりはじめています。