Energy-Sharing City — つながる、シェアする、都市のエネルギー

メインイベント

Energy-Sharing Cityつながる、シェアする、都市のエネルギー

開催期間:2019年3月13日(水) 〜 2019年7月2日(火)

開館時間:11:00 〜 21:00  入場無料

猛暑日の増加や大型台風の度重なる上陸など、ここ数年、かつてない環境の変化が起こっています。
その原因のひとつといわれるのが、私たちの暮らしから排出される大量のCO2
低炭素社会を実現するために、都市はエネルギーのつくり方や使い方において温室効果ガスの排出量を減らす配慮が求められるようになっています。
そこで三菱電機が取り組んでいるのが、快適で安心な暮らしと環境を持続するためのエネルギーマネージメントです。
キーワードは「シェア(共有)」。
自分たちが生み出す太陽光発電などの自然エネルギーと都市のエネルギーをつなげて、補いあい、ムダをなくしていきます。
まったく新しい発想に基づく都市のエネルギーの未来を、ここMEToA Ginzaで、身近に感じてみてください。

新しい発見を、三菱電機といっしょに。

パソコンやスマートフォンで
Energy-Sharing Cityを
体験してみよう!

バーチャルMEToAを体験する

1F | METoA 1

METoA Cafe & Kitchenいろいろな味をシロップでつなげて、さらなる味覚のハーモニーを楽しもう。

イベント限定メニューの
詳細を見る

Shop今回のイベントテーマ、都市のエネルギーとそのつながりを感じられるアイテムをご用意しました。

関連商品の詳細を見る

2F | METoA 2

Energy-Sharing City歩いてつないで、エネルギーをシェア(共有)。
活気ある未来の都市をつくろう!

写真 Energy-Sharing City

あなたがエネルギーをつなげるほど、街に活気があふれていく!
自然エネルギーが多く使われるようになった未来の都市。猛暑や豪雨などの天候の変化によってエネルギーの需要と供給のバランスも変動します。そんな都市にエネルギーを供給するのはあなた。エネルギーが足りているエリアから、不足しているエリアへ電力をシェアする“道”をつなげてください。都市全体にエネルギーを行き渡らせていくほど、街並みは輝き、華やかになっていきます。さあ、足元のマーカーを次々とつないで、活気にあふれた都市空間をつくりましょう!

床に表示されたマーカーの間を歩くと、
エネルギーがシェアされていきます。

エネルギーが各エリアに行き渡ると、
都市がキラキラと輝きだします。

3F | METoA 3

Energy-Sharing Storyエネルギーのシェア(共有)ってなんだろう?

写真 Energy-Sharing Story

映った影絵が動き出す!ちょっぴり不思議な映像体験
多くの企業や人が共生する都市は、常に膨大なエネルギーを消費しています。 しかしそこには大量のCO2、いわゆる温室効果ガスが排出されているという問題も。このまま温室効果ガスが増えつづければ、世界の平均気温は上昇していくと言われています。METoA Ginzaでは、この地球温暖化につながるエネルギー問題を身近に感じていただき、その解決法をメッセージします。ボタンを押すと心温まるアニメーション映像がスタート…。登場するのは雨の日に傘を分けあう男女。お互いへの思いやりが大切なように、エネルギーはシェアすることが重要。このシェアによってエネルギーは安定し“誰もが安心して暮らせる持続可能な都市の未来”を実現します。


三菱電機がめざす都市のエネルギーの未来

私たちの生活に必要なエネルギーの量は、時間帯や季候によって大きく変わります。しかしエネルギーはためておくことが難しいため、状況によっては使わずムダになってしまうことも少なくありません。エネルギーのムダが増えれば、発電の際に発生する温室効果ガスも増大し、その結果、環境への負荷も大きくなります。そのため需要と供給のバランスをとることが重要なのです。三菱電機は、基幹エネルギーとして火力発電などから生み出された「使う」エネルギーと、太陽光発電などの「創る」エネルギーをつなぎ、不足分を補うことで需要と供給のバランスを最適化する管理・制御システムを開発。さらにこれからは、使うだけでなく自分たちでも自然エネルギーを生み出し、シェアして補いあうことで、低炭素化に貢献する未来を見据えたエネルギーシステムを目指していきます。

つなげて体験!Home Energy家のエネルギーをつなげると、
未来はもっと暮らしやすくなる!?

写真 つなげて体験!Home Energy

制限時間内にARで「つなげて、補う」を実行せよ!
タブレット越しにフロアをのぞくと、ARによるバーチャルな街並みが出現します。制限時間内に家の中の家電製品や電気自動車(EV)をつないで、エネルギーを「創る」「蓄える」「賢く使う」ためのネットワークをつくりあげてください。つながればつながるほど、エネルギーを効率よく使える家に変わっていきます。さあ、暮らしを快適にするゲームにチャレンジしましょう!

体験!最先端の省エネビルオフィスが自分にあわせてくれる!
ビルのエネルギーマネージメントを疑似体験しよう。

オフィスのおまかせエネルギーストーリー
自分の分身となるアバターをつくり、オフィスでの一日を体験します。最先端のオフィスは、エネルギーの使い方も先進的。あなたがデスクに来たら照明がつき、エアコンも適温に自動調整。人がいなくなれば会議室やフロアを勝手に消灯してくれるなど、快適に過ごすための技術がもりだくさん。必要なときに必要な分だけエネルギーを使うことで、環境にかける負担を最小限に抑えます。働く人にあわせて自動的に快適になり、地球にもやさしい。あなたの仕事場もまもなくこんなオフィスに進化するかも!?

Rhythmic Energy-Sharingエネルギーどうしをつなげあって、活気に満ちた街をつくろう。

写真 Rhythmic Energy-Sharing

リズミカルに変化する映像と音が都市を彩る!
低炭素社会の実現のためにいま都市がすべきことは、温室効果ガスの排出量を減らすことです。そのために都市全体をネットワークでつなげ、エネルギーの需要と供給のバランスを管理。エネルギーをシェアすることで、スケールの大きなエネルギーの最適化が実現できます。METoA Ginzaでは、家やビル、工場などのオブジェをステージに置くことでネットワークが生まれ、街が快適になっていく様子を光と音で体験できます。すべてのオブジェを置き終わったとき、街は活気に満ちあふれ、人々の不安も解消されていることでしょう。