Wind Lab in Ginza
イベントは終了しました

メインイベント

Wind Lab in Ginza風と遊べるテクノロジー空間

開催期間:2017年10月20日(金)〜 2018年2月25日(日)

開館時間:11:00 〜 21:00  入場無料

METoA Ginzaで、風を見る、風を知る、風を感じる。

人と風との関わりを長年研究してきた三菱電機が今回お届けしたいのは、初めて感じるような心躍る風体験。「風と遊ぶ」をテーマとした美しい映像や洗練された技術と出会える “Wind Lab in Ginza” で、新たな驚きと感動をお楽しみください。

パソコンやスマートフォンで Wind Lab in Ginzaを
体験してみよう!

バーチャルMEToAを体験する

1F | METoA 1

Illuminated Wind —風のゆらぎ[風のシンボルオブジェ]

1Fでお出迎えするのは、今年50周年の霧ヶ峰が織りなす風のシンボルオブジェ。エアコンからそよぐ心地よい風のゆらぎを、幾層もの帯とカラーライティングで視覚化。さまざまな表情を見せながら、空間を美しく彩ります。

【 Winter Version 】

開催期間:2017年12月1日(金)~ 2018年2月25日(日)
期間中は、温かみのあるライティングカラーで皆様をお出迎えします。


霧ヶ峰Style

あなたの暮らしと美しく調和する、ライフスタイルエアコン。

METoA Cafe & Kitchenプレートの中でまわる風車のようなチェリーパイ。

2F | METoA 2

Be the Wind風になって、四季がつくる美しい景色に
入り込もう。

4種類の風が吹いてくる、新しい映像体験!
風を、思いのままにコントロールする。そのために、三菱電機は長い間、風を研究し、数多くの暮らしに役立つ製品をつくってきました。今回METoA VISIONでは、最新の気流テクノロジーから映像を制作。大迫力の64面ディスプレイに囲まれた空間で「風になる」体験をお楽しみいただけます。冬から秋へと向かう美しい四季の中を吹き抜ける、三菱電機の製品が生み出す4種類の風。普段目に見えない風を、見て、感じて、心地のいい世界に入り込む感動を、ぜひご体験ください!


冬の風景

あたたかい心地よい風
ルームエアコン「霧ヶ峰」

春の風景

花が舞う静かな風
扇風機SEASONS

夏の風景

爽快に吹き飛ばす風
ジェットタオル

秋の風景

空気を爽やかに入れ替える風
家庭用換気扇

3F | METoA 3

風のおどり
【シロッコファン】シロッコファンが操る、不思議な風の世界。

球体が映像や音楽に合わせて空中ダンス。
台所やサニタリー、店舗などの空気を換気するダクト用換気扇。長いダクトを経由して汚れた空気を屋外に排出し、室内の空気を快適に保ちます。今回のイベントでは、このダクト用換気扇やレンジフードなどで広く使われる送風機「シロッコファン」で、球体を使用した風のダンスを披露。「シロッコファン」の特徴である強く押し出す風とコントロール力で球体が空中に浮遊し、映像や音楽に合わせてリズミカルに動きます。さらに、この展示はインタラクティブな仕掛けをしており、人が近づく方向に合わせて球体の動きが変化。まるで一緒にダンスをしているような楽しさです。「シロッコファン」が操る、風の世界。ぜひお楽しみください。


シロッコファン

指向性が高く強い力で空気を押し出すシロッコファン。その特徴を生かし、天井裏のダクトを経由して換気する浴室やキッチンなどで広く活躍しています。

特別座談会

本田 春雄 × 水村 真理子 × 坂口 翔平 × 高田 徹
風をつくる、表現する。それぞれの思い

インタビューを読む

風をかなでる
【ラインフローファン】ファンを吹いて、風を起こしてみよう!

自分の吹く息で、風の精やシャボン玉が噴出。
暮らしに心地よい風を送りつづけるルームエアコン霧ヶ峰。この室内機の内部で風を送る役割をしているのが「ラインフローファン」※1です。三菱電機は世界で初めて※2「ラインフローファン」を用いた壁掛形エアコン霧ヶ峰を誕生させ、エアコン室内機の軽量・薄型化に貢献しました。METoA 3 (3F)では、この「ラインフローファン」の“まっすぐに進む風”を自分で起こす疑似体験ができます。ユニットに息を吹きかける※3と、スクリーンにハートや花びら、風の精が登場。吹く息の強弱によって、さまざまな飛び方をして遊びます。あなたも風の精と遊んでみませんか?

※1 FZシリーズを除く。
※2 家庭用ルームエアコンにおいて。1967年10月発売。
※3 実際のラインフローファンの使用方法とは異なります。

【 Winter Version 】

開催期間:2017年12月1日(金)~ 2018年2月25日(日)

※一部オブジェクトは2017年12月25日(月)で終了

期間中は、「風をつくる」だけではなく、つくった風に想いをのせる2人で参加できるスペシャルな仕掛けが登場!


ラインフローファン

風を遠くまでまっすぐに届ける円柱状の送風機「ラインフローファン」。三菱電機は世界で初めて※霧ヶ峰に搭載し、ルームエアコンのスタンダードを創り上げました。

※家庭用ルームエアコンにおいて。1967年10月発売。

風をみる
【スキャニングウィンドライダー】空港上空の風は、どう動いているんだろう?

特殊なフィルターを画面にかざすと、風の動きが見える!
風の動きを計測し、見える化する「スキャニングウィンドライダー」。空港周辺の風を測って管制塔へ情報を送り、飛行機の安全な離着陸に貢献しています。METoA 3 (3F)では「スキャニングウィンドライダー」の風を見るチカラを体験!一見、ただ飛行機が飛んでいる映像を、特殊なフィルターを通して見ると、風の動きが見えてきます。飛行機の着陸シーンで見えなかった風が見えてくる不思議な体験を、どうぞお楽しみください。

風をととのえる
【エレベーター整風カバー】世界最高速エレベーターの風の動きを、体験しよう!

分速1,230mの速さでも、風は整えられる!?
中国最高層ビル「上海中心大厦」。ここに、三菱電機の世界最高速エレベーターがあります。分速1,230mを誇る、超高速エレベーターの快適な乗り心地を支えているのが、特別に開発された整風カバー。独自の流線型で風を整え、超高速でも騒音を大幅に抑えています。今回METoA 3 (3F)では、風の流れを映し出すスクリーンを設置。整風カバーの模型を持って風が吹くポイントに立つことで、風を整える様子をご覧いただけます。他にも傘や帽子などでいろいろな気流の変化をご体験ください。

※2017年10月現在、稼働しているエレベーターにおいて。(当社調べ)

上海中心大厦のエレベーターが、
3つのギネス世界記録®に認定されました!

①最高速エレベーター
分速1,230m(時速73.8km)

②最長昇降行程エレベーター
昇降行程578.550m

③最高速ダブルデッキエレベーター
分速600m(時速36.0km)

※GUINNESS WORLD RECORDS®
ギネス世界記録®はギネスワールドリミテッドの登録商標です。