Space in Ginza銀座の中の宇宙

開催期間:
時間:11:00—21:00 入場無料

イベントは終了しました。

最新のイベント情報はこちら

METoA Ginzaで、宇宙に包まれる。
64面液晶マルチディスプレイ「METoA VISION(メトア ビジョン)」で魅せる、宇宙の美しさ。館内で宇宙と人とのつながりを体感できるシンボルオブジェ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力による、宇宙での生活を知る展示。
銀座に、壮大な宇宙が、現れる。

1F・METoA1

宇宙服×アートによる作品展示が皆様をお出迎えします。併設するカフェレストランでは、宇宙イベントと連動したメニューを提供します。

BLUE ORBITS

宇宙服×レーザー光が織り成すライティングアート

太陽系の惑星軌道や、無数の星の輝きをイメージさせるライティングインスタレーションであり、宇宙服とテクノロジーによる先進的なオブジェ。宇宙服の周りに降り注ぐレーザー光が、特殊なフィルムで処理された透明円盤をレイヤードに透過することで、空中に輝く光点と軌道をダイナミックに作り出す。無数のブルーラインやドットが宇宙服を照らし、時間によって刻々と変化していく。

松尾 高弘

松尾 高弘

LUCENT代表。映像、照明、テクノロジー、インタラクションと、美的表現を融合させる光のインスタレーションを手がける。自ら制作する映像やライティング、プログラミングによるシステムなど、多彩な表現と技術によりアート・デザイン・テクノロジーを一貫して構築する。

Me's CAFE & KITCHEN

期間限定 メニューお口の中で、 宇宙を堪能!?

土星のようなメインのスイーツ、銀河や月を連想させる粒々のソースで壮大な宇宙を表現。ドリンクのラテアートは、地球をイメージしてカラフルな仕上がりに。どちらも見た目のワクワク感や、いい意味で“普通じゃない感じ”を大切にしています。メインのスイーツはガトーショコラがベースで、夏にぴったりのマンゴーアイスをトッピング。実はマンゴーとチョコは、甘さと苦みが絶妙にマッチする組み合わせ。ソースで使うチョコにもピンクペッパーやフェンネルといったスパイスを加えているので、未体験な美味しさや香り、食感をお楽しみいただけます。
※こちらのメニューは1日20食限定となります。

スイーツ

ラテアート

2F・METoA2

「METoA VISION」だからこその圧倒的な迫力で魅せる宇宙の美しさ。没入感の高い映像空間を創出します。

METoA VISION

PIECE OF UNIVERSE

<PIECE OF UNIVERSE>
「METoA VISION」(64面液晶マルチディスプレイ)

METoA VISION×映像クリエイターによるコラボレーション

三菱電機の64面液晶マルチディスプレイが映像の舞台となる「METoA VISION」。圧倒的なスケールの中、宇宙空間に包み込まれたかのような映像体験を実現します。カッティングエッジな映像クリエイターとの饗宴により、今までに見たこともない『美しい宇宙』との出会いを創出します。

カイブツ

カイブツ

2006年に設立。東京を拠点に活動するデザインスタジオ。グラフィック、ウェブ、映像、イベントなど、キャンパスには囚われないデザインワークを行っている。

「METoA VISION」に隣接する形で、宇宙事業を支える標準衛星プラットフォーム「DS2000」の大型1/2模型の展示や、宇宙事業紹介映像の展示なども予定しています。

3F・METoA3

参加型のインスタレーションを展示。また、宇宙での生活について身近に感じていただけるような情報を発信します。

今、ここにいるよ。/ I am here

<今、ここにいるよ。/ I am here>

「準天頂衛星」のセンチメータ級の測位精度をモチーフとしたインスタレーション

準天頂衛星は、宇宙約4万キロメートル(32,000〜40,000km)高度から自分のいる場所(x,y,z)を、センチメータ級の精度で測ることができます。この、準天頂衛星の精度を美しく可視化し、親しみと感動を届ける来場者参加型のインスタレーションです。銀座の雑踏をイメージした作品の中には、迷い込んでいる何かが存在しています。

エマニュエル・ムホー

エマニュエル・ムホー

建築家/デザイナー。フランス生まれ。1996年より東京在住。emmanuelle moureaux architecture + design主宰。色を大胆に取り入れた建築(巣鴨信用金庫 他)、空間デザイン(ABCクッキングスタジオ 他)、アート(UNIQLO、ISSEY MIYAKE 他)など多数のプロジェクトを手がける。東北芸術工科大学准教授。

HYPERSPACE

<HYPERSPACE>

こうのとり×アーティストの不思議なコラボレーション

1/24サイズの宇宙ステーション補給機「こうのとり」模型を鏡のボックスに置くことで、「こうのとり」の無限の航跡が反射し、動きと奥行きの幻想世界が広がる。「こうのとり」のミニチュアはこの視覚変換によって、広大な宇宙を加速する。

STEVE NAKAMURA(スティーブ・ナカムラ)

STEVE NAKAMURA(スティーブ・ナカムラ)

アートディレクター。1973年ロサンゼルス生まれ。ロンドンのCENTRAL SAINT MARTINS COLLEGE OF ART & DESIGN卒業。2015年からラフォーレ原宿の年間広告アートディレクター。きゃりーぱみゅぱみゅのCDジャケットは、デビューから継続してアートディレクションを担当。作品は、THE NEW YORK TIMES STYLE MAGAZINE、アイディア雑誌、WALLPAPER*、NOWNESSなどにフィーチャーされている。

このほか、「宇宙飛行士たちの生活」や「国際宇宙ステーション(ISS)から見える地球の姿」を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、アメリカ航空宇宙局(NASA)のご協力のもとお届けします。宇宙での食事や、睡眠のとり方、宇宙から見える美しい地球の姿をご覧いただきます。