Space Challenge in Ginza
人工衛星と大型望遠鏡で、宇宙のひみつに挑む!

開催期間:2018年7月6日(金)〜 2018年9月4日(火)
時間:11:00 〜 21:00
料金:入場無料

宇宙と暮らしを繋ぎ、より豊かな毎日を育むイベント『Space Challenge in Ginza』では、人工衛星や大型望遠鏡の体験型映像やさまざまな展示を通して、宇宙の謎に迫る三菱電機の技術をご紹介します。

バーチャルMEToAを体験する Space Challenge in Ginza – 人工衛星と大型望遠鏡で、宇宙のひみつに挑む!

Special Events

人工衛星を集めよう!宇宙スタンプラリー

2018年7月23日(月)〜 2018年9月2日(日)

展示を体験しながら、人工衛星スタンプを集めよう!全部集めた方にオリジナルクリアファイルをプレゼント!

Special Contents

大型望遠鏡VR体験 (野辺山45m電波望遠鏡)

巨大望遠鏡のアンテナに上り、主鏡に至るまでの疑似体験ができます。直径45mの圧巻の大きさと迫力をお楽しみください。

大型望遠鏡VR体験(アルマ望遠鏡)

広大なアタカマ砂漠に建設されたアルマ望遠鏡のそばを歩き、世界屈指の美しさを誇る満天の星を体験することができます。

「視力6000」銀河の誕生と進化の解明へ。アルマ望遠鏡

3F | METoA 3
[宇宙空間の演出]

触れる地球

21世紀のデジタル地球儀「触れる地球」

竹村真一(京都造形芸術大学教授、Earth Literacy Program代表)が中心となって開発した、次世代のインタラクティブなデジタル地球儀。2016年G7伊勢志摩サミットや2015年ミラノ国際博覧会の日本館などでも展示されるなど、国内外の国際イベントや環境イベント、教育現場で活躍している。

協力企業: 株式会社地球快適化インスティテュート
株式会社ウェザーニューズ
全国農業協同組合連合会(JA全農)

Earth Literacy Program


聴景デザイナー 神山健太

音響「Il Poema Del Spazio (宇宙の詩)」
聴景デザイナー 神山健太

1991年東京生まれ。日本・イタリアを中心に活動中。「触れる地球ミュージアム」BGM制作などサウンドデザイナーとして活躍しているほか、アーティストとしても活動を行っている。

神山健太 公式ウェブサイト

1F | METoA 1
METoA Cafe & Kitchen

プレートの上に、小さな宇宙が出現!

イベント限定メニューは、人工衛星と地球をイメージしたフォトジェニックなスイーツ。レモンのアンテナをつけた人工衛星は、サクサクのコーンフレークを絡めたクリームチーズ。甘さは控えめで、太陽電池パドルをイメージしたピスタチオやドライフランボワーズを散りばめたホワイトチョコレートが味のアクセントになっています。隣に添えたシャーベットは、夏らしい爽やかなレモン味。ブルーキュラソーというシロップで青く色づけをし、地球を再現しました。濃厚なクリームチーズと、さっぱり味のレモンシャーベットは相性バツグン! イベントで宇宙に魅せられたあとは、スイーツでも宇宙を楽しんでみては?

【1日限定10食】Lemon Space Satellite (レモン・スペース・サテライト) 単品 980円(税別)

1F | METoA 1
Shop

METoA Ginzaでは、ロゴ及びロゴカラーを配したここでしか手に入らないオリジナルグッズを取り揃えております。また、今回のイベントテーマにちなんだ宇宙グッズも併せて販売しております。ご来館の際は、ぜひ、お手にとってみてください。

関連ウェブサイト

DSPACE 三菱電機サイエンスサイト

さあ、宇宙を知ろう。
DSPACE|三菱電機サイエンスサイト

DSPACEとは
旬の宇宙開発の話題や天文情報をご紹介。連載コラムやスペシャルコンテンツなど楽しい宇宙の話題が盛り沢山!

DSPACE|三菱電機サイエンスサイト